2012-12-06

民家のイルミネーション

公園側から見たイルミネーション
我が家の周りは、畑と住宅街が渾然としている。まだまだ美川憲一が宣伝している「アイダ設計」の建売住宅が1600万前後で売り出されている。以前から建っているといっても10年から20年くらい前の住宅地なので、私たち家族がこの地に住んで30年なので結構古株となってきている。
団塊世代の東京勤務族が多く、朝の散歩の人口も年々増えてきている。住宅街の奥まったところに個人の家の庭いっぱいにイルミネーションを飾った民家がある、数年前から毎年違った図柄で飾り立てられていて、、今年はどのようになっているのかと思って見に行きました。

絆の文字が浮かび上がるメイン

庭の仲は光の川や鹿などが配置されている。
一昨年はデズニーのミッキーマウスなどを主流で、昨年は「銀河鉄道999」でした。今年は「ツーピース」のキャラクターを使っての飾り付でしたが、大変な出費だろうと思います。でも町内会ではみんな喜んで、前にある公園から眺めています。

1 件のコメント:

  1. 一時期からはやり出したイルミネーションで、車の渋滞が出来るという話を聞いたことがありますが、このような民家のイルミネーションなら渋滞も頷けます。

    返信削除