2018-08-10

ピースボート98回クルーズ 2018年7月27日~31日


7月27日(金)
 寄港地明けということで、企画は9:50分の「社交ダンス広場」から始まりました。初めての社交ダンスは講師が教えてくれるのですが、社交ダンス広場は音楽だけあって自主的に練習をするものでした。いつも朝6時からのヨガ・ストレッチはこの社交ダンス広場に引き続いて同じ会場であったため、ダンスパートナーのすずさんとヨガマット持参で継続して参加しました。栗さんと常さんはヨガ・ストレッチから合流して、午前中は運動で過ごしました。午後はいくつかの水先案内人企画がありましたが、久しぶりに栗さん・常さんとマージャンをすることにしました。もう一人のメンバーを探している間に、いつも自由行動で一緒する月尾さんが現れて、マージャンを開始しましたが、始まって間もなく月尾さんとマージャンをすることになっていたという女性が現れ、ものすごい形相で睨みつけられてしまいました。最初のゲームが終わったところで、月尾さんが見に来ていた方に交代を申し出て、月尾さんのゲームを引き継ぎました。交代された方は結構ベテランでしたが、私が馬鹿つきしてしまい、継続して半荘2回やりましたが2回ともトップとなりました。
久々に幸運な麻雀ゲームを楽しみました。夕食後に「松本ヒロの笑タイム」という水先案内人企画がありましたが、寸前で眠たくなってしまい、参加を断念しました。翌朝、栗さんも常さんも楽しかったといって、眠ってしまったことをなじっていましたので、次の機会があったら是非参加したいものだと思いました。

7月28日(土)
 朝の6時からのヨガ・ストレッチに参加しました。その後9:00からの「初めての社交ダンス」と「はじめてのみんなdeサルサ」と継続して参加しましたので、3時間20分ほど踊りまくっていました。特に、8月13日にダンスフェステバルがあるので、出場予定者は熱心に練習をしていました。この日、以前に依頼されていた参加者紹介企画「船友さんいらっしゃい」が12:40分から始まるので、ピースボートセンター前のアゴラという会場に行くと数人の参加予定者が、場所を確保しようと待ち構えていました。写真撮影をお願いしていたカッチャンや常さんの同室の方、ヨガのお市さんや社交ダンスのパートナーや先生も参加いただきました。司会のチーフデレクターの田村美和子さんから紹介とこの船への乗船の動機などを聞かれ、あれこれ話しているうちに20分の企画が終了となりました。立って聞いておられる方も含めると100名以上の方がおられたような気がします。私たち3人にとっては一番の「もてき」だったような気がします。よい思い出になりました。終了後に遅めの昼食となりましたが、参加いただいた方からよかったよと声を掛けられ、楽しい気分に酔いしれました。
午後は、わくわく寄港地プエルトバジャルタを聞いて、水先案内人の海堂尊が出来るまでという話を聞きました。楽しい話でしたので思わずシリーズの最新作の本を購入してしまいました。サインと一緒に写真を撮るというサービスがついていたので、思わずすべていただきました。
 夕食後に、伊藤千尋さんの講演がありましたが、今回も眠たくなってしまい聞かずに寝てしまいました。聞きに行った栗さんや常さんの話ではあまり参考にならなかったようで、今回の早寝は正解だったようです。


7月29日(日)
 通常の朝6時からのヨガ・ストレッチに参加しました。栗さんが健康サルサ体操に行ったので
常さんと朝食をとりました。時間帯が同じになるのかダンスパートナーのすずさんたちと朝食会場で一緒になりました。その後、常さんは船内ジムで数人の女性のストレッチ指導を行って私は9時からの「初めての社交ダンス」に参加、水先案内人伊藤千尋さんの「太陽の汗・月の涙」という講演を聞きました。メキシコの人々の文化や思想についての話でしたが、あまりなじみのない国でしたので大変勉強になりました。その後水先案内人の企画でメキシコと麻薬という話がありましたが、昼食を早めにとった、栗城さんが参加して私たちは9Fの味噌ラーメンとアジフライを食べに行きました。常さんがもらったマンゴーが食べ頃とダンスパートナーのすずさんがいうので、栗さんの参加している企画の終わりを見計らって、フルーツパーティを開きました。すずさんの言うとおりとても甘くおいしくいただきました。
 この日は、パーティー&ディナーということで、ドレスアップして会食に参加しました。メニューはビルトウオッソ(白ワイン・スペイン)、合鴨スモークとびーつのサラダ、枝豆の冷製ポタージュ、サーモンのコンフイ、パン、レアチーズケーキ、コーヒーでした。おいしくいただいた後シャル・ウイー・ダンスということでダンスパーティがありました。すずさんと早速ダンスパーティで踊りましたが、満員状態でワルツはできませんでしたが、練習の成果が少しずつ表れてきたようで、ジルバやブルース、ルンバは何とかなりそうです。
 
7月30日(月)
 朝、6時からのヨガ・ストレッチ9時からの初めての社交ダンス・初めてのみんなdeサルサまで3時間20分間、踊りの練習にいそしみました。8月13日のダンスパーティに向けての応募が始まり私と常さんはサルサの演舞に出ることにしました。社交ダンスは、ダンスパートナーのすずさんが見学にするというので、ジルバの一般参加にしようかと考えています。
すずさんがスイカがあるので、同室の加茂さんを誘って食べに来るようにと、お誘いがあったので
喜んでごちそうになりました。
そのあと、水先案内人松本ヒロさんの「笑って学んで憲法」というお話を聞きました。とても楽しい話で楽しかったでした。

7月31日(火)
プエルトバジャルタに8時に入港しました。若干、入港に手間取りましたが、オプショナルの出発は予定通りでした。私と常さんはリゾートホテルでプールと海水浴を楽しみました。当初は栗さんと一緒に街の中を見て午前中に船に戻るコースですが、一度は泳ぎたいと思い常さんとコース変更をしました。豪華なホテルでプールと海岸にプライベートビーチが広がっていました。一旦、ビーチで泳ぎましたが塩っ辛い海の水を久しぶりに味わいました。なんだか体が軽くなったようでとても気持ちよく泳ぐことが出来ました。しばらくして、ホテルのプールに変更して十分に泳ぎを堪能しました。昼食はバイキング方式でしたが、飲み物が2杯までサービスでついていました。食べて飲んで後は無料のWIHIでパソコン作業をほとんど終えることが出来ました。船に戻ってくると船の前にウオルマートが見えたので、いったん荷物を置いて買い物に出ることにしました。別のツアーに行っていたすずさんも帰ってきたようでしたので、誘って出ようとしましたが、大雨が降ってきて、すずさんは断念、私はすずさんから傘を借りて出かけましたが、ところが出かけて、帰るまでは雨が上がり、傘をぬらさずに返却できました。
ウオルマートの中はピースボートの客であふれていました。テキーラを買う人や果物やお酒のつまみを購入してショッピングも楽しみました。お店の中でダンスの師匠の水谷さんにお会いしましたが、手首に包帯をしていたのでどうしたのかを訪ねると、点滴をしたのでその針がまだ入っているとのことでした。水谷さんに勧められてラフランセを購入しましたが、まだ食べごろには早くて23日後に食べようとすずさんに預けました。夕食を買い物帰りのメンバーを含めて7人で会食をしました。夕食後、出港の前にプエルトジャバルタの市長や数人の代表が来て、フェアウエルセレモニーをしていただきました。マリアッチ(民族舞踊と楽団)によるセレモニーでしたが、とでも感動するものでした。


0 件のコメント:

コメントを投稿